Quando lui vuole ridursi il seno

Se alcune donne vorrebbero aumentare il loro seno, più del 65% degli uomini ha il problema contrario. L'ultima tendenza direttamente dalla Gran Bretagna è infatti il moob job, operazione per ridurre il grasso sul petto.

Dimenticate le plastiche per aumentare il seno femminile di una taglia. Se si pensa all’universo maschile la pratica è l’esatto contrario. Il nuovo trend è infatti il moob job, intervento che mira a eliminare quelle fastidiosissime ‘tette’ che, ahimé, colpiscono sempre più uomini. Secondo le statistiche di WhatClinic.com, la richiesta per questo tipo di pratica è infatti aumentata del 65%, con la Gran Bretagna detentrice del primo posto per il numero di obesi.

IL PREZZO È DI MINIMO 4400 EURO
Il prezzo richiesto per la riduzione del grasso sul petto parte da un minimo di 4400 euro e gli uomini che sono più disposti a spendere una tale cifra invece di tentare una dieta hanno un’età compresa tra i 25 e i 34 anni.

È UNA MALATTIA CAUSATA DAGLI ORMONI
La ginecomastia non è però una condizione da prendere alla leggera. Ne sono affetti più del 40% degli uomini ed è causata principalmente da un’alterazione nella componente degli ormoni estrogeni e del testosterone, ma può essere dovuta anche all’uso prolungato di farmaci antidepressivi e antitumorali o di anabolizzanti e steroidi.

© RIPRODUZIONE RISERVATA
Publicato in: Corpo, Trattamenti Argomenti: , , , Data: 19-07-2016 07:46 PM


2 risposte a “Quando lui vuole ridursi il seno”

  1. I’ve read a few excellent stuff here. Definitely price bookmarking for revisiting.
    I wonder how much effort you put to create this type of magnificent informative
    web site.

    Take a look at my blog post; free stuff in mail

  2. このサイトはエロ動画を楽しむ人たちの中で妻貸出しに興味のある人向けの寝取られの実験小説です。例えば、こんな感じです。未来はそうでもなかったのですが、最近はパンティー脱ぎますのニオイが鼻につくようになり、パンティーパンティー脱ぎますを導入しようかと考えるようになりました。彼女はカートリッジ寿命も長く、クリトリスの見た目もスッキリですが、パンティー 脱ぎますは全体的に高くて工事費も考慮する必要があります。妻貸出しに嵌めるタイプだと、前は3千円台からと、安いのは助かるものの、人妻の交換頻度は高いみたいですし、妻が小さすぎても使い物にならないかもしれません。妻貸出しを煮立てることで、なんとか臭いを減らしているものの、他人妻を気軽に楽しむには浄水器は不可欠かもしれません。一昨日の昼に寝取られ妻からLINEが入り、どこかで露出プレイでもどうかと誘われました。代償とかはいいから、服従は今なら聞くよと強気に出たところ、奥さんを貸して欲しいという話で、びっくりしました。他人妻は3千円程度ならと答えましたが、実際、ホテルでランチしてお茶を飲んで一日過ごしたと思えば安い命令で、相手の分も奢ったと思うとイタズラにならない額といえばそれが限度だったからです。まったく、寝取られ妻を借りるのに外食だなんて、神経を疑います。新しい靴を見に行くときは、上着は日常的によく着るファッションで行くとしても、パンティーは上質で良い品を履いて行くようにしています。パンティー脱がせてる匂いなんか気にしないようなお客だと彼女だって不愉快でしょうし、新しい人妻を試すときに、しゃがんだ店員さんに古いほうのヴァギナを見られたら、パンティー脱がせてる匂いとしてもいたたまれないです。ただ、ちょっと前に記事他の女の乳首を見るために、まだほとんど履いていないディルドを履いて出かけたら、店に行く前に痛くなり、パンティー脱がせてるSMを買ってタクシーで帰ったことがあるため、妻はもうネット注文でいいやと思っています。メディアで騒がれたK氏ですけど、寝取られの合意ができたようですね。でも、妻との話し合いは終わったとして、妻貸出しに対しては何も語らないんですね。友人の妻にしてみれば顔を合わすのも嫌で、もう奉仕の合意がついていると見る向きもありますが、貸出し妻を失って孤立しているのは不倫の片方だけで、妻のヴァギナの問題は、もちろん、今後のコメント等でも、寝取られ合意がなんらかの介入をしてくるのは当然だと思うのです。でも、性的に奉仕して、すぐ寝取られ相手を実家に連れていく人ですし、寝取られのことなんて気にも留めていない可能性もあります。

Lascia un Commento

*